婚活に「一発大逆転できる魔法」はありません

2020.2.29 体験談から学ぶ , , , ,

アラフォーといえども、恋愛に憧れはありますし、婚活にロマンを求めてしまいます。心のどこかで「一発大逆転してやる!」とも考えています。
しかし、現実はそう甘くはありません。
ディズニー映画のお姫様のようなことをいつまでも言っているようではいけません。市場に自分を合わせていくことあ求められます。

本当は現状から逃げたいだけでは?

仕事も恋愛も中途半端でここまできてしまった自分。最近の男性は、家事手伝いやアルバイトという女性を敬遠します。
一昔前は「いい奥さんになるための家事手伝い・アルバイト」」が通用した時代でした。しかし現代は大きく変わっています。男女共にお互いに依存し過ぎない自立したフラットな関係性を求めます。

何か夢を持っていてそれに向かうためにアルバイトや派遣を選択している人もいるでしょう。ただ、そういう人は「結婚に逃げたい」という意識は少ないはず。逆に男性から魅力的に映るのかもしれません。

「他人に幸せにしてもらおう」とは考えないこと

自分が中途半端で空っぽなのに、誰かに幸せにしてもらおうなどと考えてはいけません。結婚すればすべては解決すると思うのは間違い。不安を解消するために結婚するのではありません。

きちんと正社員を目指したり、何かスキルを身に付けて自立したり、生きていくうえで他力本願にならないように、自分に力を付けるべきでしょう。

派遣やアルバイトなら、正社員登用の機会をうかがっても良いのでは。もし叶わないのなら、正社員を募集しているところに思い切って転職をするのもいいでしょう。特技やスキルに自信がなかったら身に付けるように努力するなど積極的に動くことが大切。
大卒の男性が、フリーターやアルバイトの女性を選ぶでしょうか。よほどのアドバンテージがない限りありません。
「結婚すればなんとなかる、すべてが解決する」と言うのは甘えた考えです。

結婚相談所を転々とするのが一番ダメ

この相談所にはいい人がいなかったから別の相談所へ・・・そうやって放浪している人は一生結婚ができません。どこかに移ったからと言ってもっといい人が現われるわけではありません。現われてももっと若い女性を選びます。女性は年齢が上がると非常に不利。
結婚相談所で自分に合いそうな人はだいたい4~5人くらいまで。だから4~5人までに決めないともう決まらないと思っていいでしょう。
それでも自分が結婚できないのは相手のせい、環境のせいですか?自分には原因はありませんか?
結婚相談所は結婚させてくれるところではありません。自分が主体となって活動し、自分を求めてくれる層・レベルのお相手と会うことが肝心です。

PAGE
TOP